美容を強力にサポートする純黒にんにく

美容にとって活性酸素は大きな障害ですが、活性酸素とは何でしょう?無くなってもいい成分でしょうか?今回は美容の大敵である活性酸素と純黒にんにくの関係について考察してみましょう。

美容と活性酸素の関係

美容と言えばお肌のシミ、シワ、くすみ、肌荒れなどですが、これらは肌のメラミンという色素が大きく関係があることがわかっています。

そのメラミンは活性酸素によって形成が促進されることが近年の研究で判明しました。そして、肌あれ原因の肌の乾燥は過酸化脂質が深く関係しており、過酸化脂質は活性酸素から作られることもわかってきました。

 

そして、活性酸素とは体の有害物質や細菌、ウィルスなどから守ってくれる大事な要素ですが、増えすぎると動脈硬化、脳閉塞、ガン、糖尿病などの原因物質になります。
また、活性酸素が増えることでシワ・しみ・筋力低下といった老化現象を早めるので、美容と老化は切っても切れ無い関係にあるといえます。

 

現代人は生活が乱れたりストレスなどで活性酸素が増えていく傾向がありますから、活性酸素を減らすことが重要な課題になります。

 

純黒子さん

博士!じゃなかった、仙人!活性酸素を簡単に減らすことはできないのですか?

うむ、活性酸素を減らすには普段の生活習慣を改めることじゃ!一番良くないのはタバコじゃな。これは非喫煙者でも受動喫煙でタバコの煙から体を守ろうと活性酸素が増えるから、喫煙者は他人にも影響を与えるということを覚えておくことじゃ!
それと、食生活が大事じゃ!抗酸化成分を多く含んだ食べ物を摂取することじゃが、バランスの良い食事を心掛ければ自然と抗酸化成分も体に取り入れていると思うぞ!

純黒にんにくの美容成分

黒ニンニクの美容成分の代表的なものはS-アリルシステインポリフェノールアルギニンです。
S-アリルシステインは生ニンニクの16倍、総ポリフェノール量は6倍、アルギニンは3倍と黒ニンニクになることで大幅に増えています。

S-アリルシステイン

黒ニンニクにしか含まれていないというS-アリルシステインですが、強力な抗酸化力、抗ガン作用があるためガン以外にも高血圧、アルツハイマー、動脈硬化、ガン、心臓疾患など生活習慣病の予防にも大きな効果が認められている成分です。

 

そして、美容の大敵、老化の原因といわれる活性酸素を強力な抗酸化力で還元して除去します。
そのため、S-アリルシステインは美容とアンチエイジングに効果が大きい成分として脚光を浴びるようになってきました。

 

S-アリルシステインは水溶性で腸からすぐに体内に取り込まれるため、即効性があります。

ポリフェノール

ポリフェノールについては抗酸化力が大きい成分としてすでに有名です。ポリフェノールもS-アリルシステインと同様に生活習慣病の予防や美容に大きな効果があります。

ポリフェノールもS-アリルシステイン同様に水溶性なのですぐ体内に吸収されます。

 

ポリフェノールの成分が最も多いのは、実は皮の部分です。ですから、食べずに捨てないで皮茶にして飲めば更に大量のポリフェノールを摂取でアイキャッチ画像を設定きます。皮茶はそのまま熱湯につけしばらく置いておくだけなので簡単です。

アルギニン

アルギニンは非必須アミノ酸の一種で高い保湿効果があり、肌の乾燥や肌荒れを防いでくれる効果があります。また、アルギニンは成長ホルモンの合成を促進し新陳代謝を良くするする作用もあるので、肌のターンオーバーを元通りにする効果があります。

 

また、アルギニンには免疫力向上、疲労回復といった効果もあります。

純黒にんにくの食べ方

純黒にんにくの食べ方といっても特に難しいことはないのですが、普通はそのまま1日1片~3片を食べるのが一般的です。

食品ですから薬との併用も特に問題はありませんが、心配なら医師に相談してください。

 

そのまま食べるのに飽きてきたらこんな食べ方もあります。

サラダに入れる

純黒にんにくのフルーティな味がサラダの味にアクセントをつけます。

パスタに入れる

パスタに入れると純黒にんにくの黒が引き立っていい感じに仕上がります。

チーズに挟む

純黒にんにくの味は発酵食品との相性もばっちりです。

野菜炒めに入れる

純黒にんにくは油に溶ける成分が豊富なので炒めものに向いています。

このほかにも「黒にんにく 食べ方 レシピ」で検索するとたくさん出てきますから、興味のある方はどうぞ!

 

純黒子さん

純黒にんにくって食べ過ぎは良くないのでしょうか?美味しいって聞くと食べ過ぎる人が出てくると思うんですが・・・

うむ、実は「食べ過ぎるとどうなるか?」「副作用はないのか?」と言う質問が多いのじゃ。

まず純黒にんにくの食べ過ぎじゃが、便がゆるくなることがあるようじゃが気にするほどではない。

 

次に副作用じゃが、生のニンニクは食べ過ぎるとアリシンの強い殺菌力で胃腸障害が起きることがあるようじゃが、純黒にんにくについては副作用の心配はないと言ってもよいじゃろうな。まあ、ほどほどにすることじゃ。

まとめ

純黒にんにくは美容にも強力にサポートしてくれる効果があります。そして、アンチエイジング効果も高いことがお分かりいただけたと思います。生のニンニクに比べて栄養価が高く害もありません。毎日少しずつ食べ続けることで効果は目に見えて出てきます。大事なのは継続する意思です。


カテゴリー:アンチエイジング,美容
タグ:S-アリルシステイン,アルギニン,ポリフェノール,純黒にんにく,美容

アバター

せんにんにく