米国選定ガン予防食材の頂点はにんにく!

健康 By アバター せんにんにく

にんにくがガン予防に効果があることは今や世界中に知られている事実ですが、アメリカの国立研究所でにんにくはガン予防食材「デザイナーフーズ」に選出されました。それもピラミッドの頂点に君臨したのです。今回はにんにくのどこがトップになる要因だったのか調べました。

アメリカ国立癌研究所の「デザイナーフーズプログラム」とは

1990年代のことですが、アメリカ国立癌研究所は「デザイナーフーズプログラム」を発表しました。

「デザイナーフーズプログラム」とはがんを食事で防ぐという目的でアメリカ政府が進めた国家プロジェクトです。

アメリカ国立癌研究所が数年間にわたり食品とガンの関係を研究したもので127種類の食物が対象になりました。

その結果、ガンを予防する食材の中で頂点に君臨したのがにんにくです。

一口にガン予防といってもいろんな種類のガンがあり、ガンの種類や食物により効果の大小は違います。なのでどのような判断でこのピラミッドを形成したのか不明です。

このデザイナーフーズの研究結果が発表されるや、アメリカではにんにくブームが巻き起こり消費量が数倍に跳ね上がったそうです。日本もアメリカも消費者心理は同じなんですね。

参考までにデザイナーフーズのピラミッドがこちらです。
引用:がん予防と食品 ―デザイナーフーズ

しかし、これらの食材はアメリカで選んだものなので、日本食特有の食材は入っていません。

デザイナーフーズに選定されなかった日本食特有の食材とは

ごぼう、春菊
キノコ類(シイタケ、エノキ、きくらげなど)
海藻類(ヒジキ、わかめ、昆布など)

これらはすべてガンなどの生活習慣病の予防に効果が認められる食材ですが、もしデザイナーフーズに入っていた場合、ピラミッドの何段目に位置するのか興味のわくところです。

アメリカ国立癌研究所は2000万ドルもかけてガン予防の効果が高い食材を調べたのじゃ。
さすがはガン大国アメリカじゃ!しかし、銃(ガン)のほうも予算をかけて減らすようにしてもらいたいものじゃ!

純黒子さん

うまい!仙人!座布団5枚!

にんにくの抗ガン成分とは

S-アリルシステインはにんにくにしか含まれない成分ですが、S-アリルシステインの抗ガン効果がとても強力であることが最近の研究でようやくわかってきたのです。

S-アリルシステインは強い抗酸化力を持っており、研究の結果、体内のNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)を活性化する力が大きいことがわかってきました。

健康な人間でも癌細胞は毎日数千個も体内でできているという!その癌細胞を攻撃して撲滅するのがNK細胞じゃ!NK細胞の力が弱くなると癌細胞が増えて悪性腫瘍となってしまうのだからNK細胞をいつも元気な状態にしておかねばならん!

しかし生のにんにくにはごくわずかしかS-アリルシステインは含まれていません。
熟成して黒にんにくになることで、S-アリルシステインは数十倍に増加します。

だから、デザイナーフーズのピラミッド頂点のにんにくよりも、黒にんにくは更に上の位置にあってもおかしくないと思うのです。

こんな感じじゃな!

黒にんにくに救われた人

黒にんにくの効果とは断言できませんが、黒にんにくで救われたと感じているAさんの例を紹介します。

Aさんの50代の母親が大腸がんと診断されました。でかい腫瘍でステージ4だったそうです。

ステージ4とはガンが他に転移している状態のことで、このときすでに肝臓に転移していたのです。

すぐに入院して手術する必要がありますが、手術前の精密検査などがあり、実際に手術するまでにかなり待たなければなりません。その間何もしないで待つよりは何かできることはないかとネットでいろいろ調べた結果、純黒にんにくにたどり着きました。

口コミに否定的なことが無かったのが決め手になったそうです。そのサイトで佐々木教授の記事も読みました。

純黒にんにくを購入して毎日1片ずつお母さんは食べさせ続けてから一週間後、様子を聞くと「体調が良い。黒にんにくが効いているかも」と答えました。

その後1ヶ月後に手術をして腫瘍を切除しましたが、検査時に7cm程の大きさだった腫瘍が小さくなっていたそうです。

その後もAさんのお母さんは黒にんにくを1片から2片に増やして続けました。

一方転移した肝臓のガンは小さいので弱い抗がん剤による治療を3週間に1回、合計4回受けて退院されました。

その時CTで検査した結果、肝臓の腫瘍があった場所にくぼみのような痕がありガンが消えていることがわかりました。

ガンが消えたのは抗がん剤のせいなのか黒にんにくのせいなのか断定できません。その後も黒にんにくを食べ続けているそうで、薬は飲んでいないのに病院のガンマーカーは下がり続けています。Aさんは黒にんにくの効果は間違いなくあると確信しています。現在もお母さんは純黒にんにくを毎日食べ続けているそうです。

引用:母が「がん」になったのです。



まとめ

黒にんにくがガン対策に有効な食べ物であるということは、研究の結果からも明らかです。そして黒にんにくは薬と違いますから治療の妨げになることはありません。
すべての人に同じ結果が出るとは言えませんが、何もしなかったらAさんのような良い結果にはならなかったと思います。


カテゴリー:健康,生活習慣病,黒ニンニク
タグ:NK細胞,S-アリルシステイン,アメリカ国立癌研究所,デザイナーフーズ,にんにく,生活習慣病,純黒にんにく,黒にんにく

アバター

せんにんにく