純黒にんにくとアンチエイジングの関連

純黒にんにくを食べると若返るというような記事がありましたが、本当にそんなことがあるのでしょうか?という訳で今回は純黒にんにくとアンチエイジングの関連性について調べました。興味のある方必見ですよ。

老化とは何?なぜ老化するの?

老化とは年齢とともに体の機能が衰えていくことです。老化は人間だけでなくすべての生命に起こる現象ですが、寿命については個体差によりマチマチです。

一説によれば細胞分裂の限界が設定されており、その回数を超えるとそれ以上分裂できなくなり老化が起こるという説があり、それが現在有力な説と言われております。

他にも活性酸素が、老化の原因という活性酸素説摂取カロリー説などがありますが、老化の原因はまだはっきりと解明されてはいません。

老化の原因は分からなくとも老化を抑える効果のあるものは実在します純黒にんにくにも個人差はありますが、食べ続けることによって肌の老化を改善している方が多数いるのは事実です。

老化が目立つのは?

老化は体のすべてに起こりますが、特に目立つのは

髪の毛

薄毛、ツヤ、ハリ、こし、細毛、枝毛、ハゲ

シワ、たるみ、シミ、つや、ハリ、荒れ、乾燥

目、耳

老眼、白内障、緑内障、難聴

身体能力

筋力衰退、疲労、精力減退、体力減退

 

挙げればきりがありませんからこれぐらいにしますが、この中で純黒にんにくアンチエイジングに効果のあるところがあります。

それはです!

純黒にんにくを食べてから乾燥肌が改善された、シミが薄くなった、等を実感される方が多数おられます。

事実、純黒にんにくには抗酸化作用のある成分がたくさん入っており、この抗酸化作用が老化の進行を抑えていると考えられます

この抗酸化作用は肌だけに効く訳ではないので、気付かなくても体全域に抗酸化作用を及ぼしていると思ってもいいでしょう。目につく肌に現れやすいだけだと思います。

では抗酸化作用の成分とは純黒にんにくのどの成分なのでしょう?

純黒にんにくの老化予防に効果のある抗酸化成分とは

老化予防に効果のある抗酸化成分とはズバリ!ポリフェノールS-アリルシステインです。

ポリフェノール

テレビの健康番組にもよく出てくるポリフェノールは抗酸化力に優れており、体を錆させ老化の原因になる活性酸素を還元する力があります。

純黒にんにくはこのポリフェノールを白ニンニクの6倍も含有しています。

S-アリルシステイン

ポリフェノールよりも更に強い抗酸化力を持つのがこの「S-アリルシステイン」です。S-アリルシステインは強い抗酸化力を持つだけでなく、新陳代謝及び免疫力を高めて、血液をさらさらにするという何ともありがたい成分なのです。

S-アリルシステインはニンニクだけに含まれる成分で、純黒にんにくはこのS-アリルシステインが普通のにんにくのなんと!16倍も含有しているのです。

純黒にんにくに含まれるアンチエイジング成分は「ポリフェノール」と「S-アリルシステイン」だけではありません。

アルギニン

純黒にんにくには「アルギニン」という高い保湿力と新陳代謝を促進する成分を含んでいます。

純黒にんにくのアルギニン量は生ニンニクの3倍ほど増えています。

このように純黒にんにくの美容に良いアンチエイジング成分は、白ニンニクに比べて格段に増えることから、純黒にんにく美容と健康、そしてアンチエイジング食材として認知されているのです。

肌のように目に見える効果ばかりがアンチエイジングではありません。今まで回復しなかった疲労が翌朝スッキリ回復できたら、それも純黒にんにくによるアンチエイジングですよね。精力もしかりです。

 

6個入り 4,212円(税込)

まとめ

純黒にんにくの美容・アンチエイジングの効果についていかがでしたでしょうか?普通の生ニンニクに比べて熟成させた純黒にんにくは、抗酸化成分が何倍も増えていることが美容や老化予防に効果があることがわかりました。
しかし、純黒にんにくのこれらの効果には即効性はありませんので、少量でも毎日続けることが重要なのです。


カテゴリー:アンチエイジング
タグ:S-アリルシステイン,アルギニン,アンチエイジング,ポリフェノール,更年期,美容

アバター

せんにんにく