アレルギー体質は純黒にんにくで改善できる!

アレルギー By アバター せんにんにく

アレルギー症状はすべての人に起こる訳ではありません。そしてアレルギーの原因物質も様々です。アレルギーとは一体なんでしょうか?なぜ起こるのでしょうか?改善できるのでしょうか?今回はアレルギー体質と純黒にんにくについて検証しました。

アレルギーとは一体なに?

アレルギー」で検索すると「ある物質の摂取・接触などの結果起こる、その物質に対する異常な免疫反応。即時型過敏症」という説明が出てきます。

症状としてはジンマシン、鼻水、目のかゆみ、咳、息切れなどがありますが、重症になると命を落とすこともあるので決して軽く見てはいけません。

このようなアレルギーを起こす原因は、人間が持ついくつかの抗体のうち「IgE抗体」が関係していることが1960年にわかりました。

花粉症の人は花粉に反応するIgE抗体を持っており、卵アレルギーの人は卵に反応するIgE抗体を持っています。

こういったアレルギーの原因物質をアレルゲンと呼びますが、アレルゲンはほとんどの場合蛋白質です。

このIgE抗体を調べることでアレルギーの原因物質が検査でわかるようになりました。この検査のことを「RAST」と呼びます。

なぜアレルギー症状を引き起こすIgE抗体が作られるのか?

いまだ原因は究明されていませんが一説によると、人が狩猟生活していたころまでさかのぼります。
その頃からウィルスや天然痘などの病原菌が人類の脅威でしたが、そのほとんどが蚊などの虫から刺される感染による原因が多かったのです。
何度も蚊に刺されて繰り返し注入される異物の蛋白質に対するIgE抗体が作られるようになったというのです。

つまり免疫システムとしてIgE抗体が作られたのではないかと推測されているのです。

蚊に刺されると腫れるのは蚊の唾液に対するIgE抗体の反応で起こる免疫反応なんです。

抗体の中で一番多いのは「IgG抗体」で全Ig抗体の80%を占めておる。このIgG抗体が細菌やウイルスなどの動きを止める一番重要な抗体なのだが、IgE抗体のように炎症やかゆみを引き起こすことは無い。IgE抗体は昔の人類の名残のようなものじゃ。

 

アレルギー体質とは

卵のRASTが陽性の人でも必ずしも卵を食べるとアレルギー症状になる訳ではありません。

気管支喘息の子供を調査したところ、このうちダニRAST陽性の子供の割合は90%と高いことから、ダニRAST陽性が喘息を発症すると思われましたが、健康な子供の20%からもダニRAST陽性があることが判りました。

つまり、ダニRAST陽性の子供のうち4人中3人は喘息を発症していないということです。

同じように卵のRAST陽性であってもアレルギー症状が起きない人は、卵を平気で食べることができます。

このようにRAST陽性であってもアレルギー反応を起こす人と起こさない人がいるのですが、アレルギー反応を起こす人をアレルギー体質といいます。

この体質は個人差があり遺伝によるものが多いとのことです。

わしも以前、RAST検査をしたことがある。検査結果ではアレルギー物質がたくさん書いてあったのじゃが、すべてアレルギー症状になる訳ではないのじゃ!

 

アレルギー体質は改善できるか?

アレルゲン免疫療法

アレルギー症状の治療の多くは症状を抑える対処療法ですが、アレルギーを起こしにくくするアレルゲン免疫療法健康保険の適用になりました。

しかし、治療期間は長く数年間は医師にかからなければなりませんが、アレルギー体質はかなり改善されます。
例えばスギ花粉症に対して有効率は約80%ということです。

食事による体質改善

子供

以前ですとRAST陽性と判断された食べ物は食べさせないようにすることが当たり前でした。

しかし、幼児期から食物アレルギーの起きやすい食べ物を遠ざけておくと、その後食物アレルギーが重症化したり治りにくくなるという研究結果が出ています。

子供の食物アレルギーを予防する方法は食べさせないではなく食べさせるということなのですが、それには理由があります。

細菌やウイルスなどの動きを止める「IgG抗体には4つ種類があって、そのひとつに「IgG4抗体」という抗体があります。

IgG4抗体は食べ物を食べるときにできる抗体ですが、IgE抗体のように炎症やかゆみを引き起こすことはありません

例えば卵を食べると卵のIgE抗体ができますが、IgG4抗体もできます。IgE抗体よりもIgG4抗体が多ければ何の症状も出ませんが、IgG4抗体がなかったらアレルギー症状が出てしまうことがあります。

乳幼児に卵を少し食べさせるグループと食べさせないグループに分け長く続けると、卵を食べ続けるグループはIgG4抗体が増え続け、IgE抗体が少なくなっていくという研究結果がでました。つまり食べさせることでアレルギー症状が出にくくなるということです。

子供の免疫システムは小さい時に活発に働くので、食物アレルギーを気にするあまり食べさせないと却って悪くするということです。

大人

免疫システムがほぼ確定してしまっている大人でも食事による改善は可能です。

アレルギーの症状は免疫システムの異常なので、完治することは困難でも緩和することはできます。

アトピーなどのアレルギー皮膚炎や花粉症、それぞれに対する食事療法はネットにいろいろありますから、一度検索してみてください。詳細は省略します。

アレルギー症状の緩和には腸内環境を整えることが大きな要素となりますが、アレルギー緩和の食事療法も同じような内容のものが多いです

ここで当サイトのおすすめ純黒にんにくの話じゃ!

嫌な方は無視して飛ばしても良い!純黒にんにくは免疫力を高める成分がたっぷり入っておるのでアレルギー症状の軽減をサポートするのじゃ!

実際に食べ始めてからアレルギー症状が出なくなったという消費者の声が岡崎屋さんに届いた!

純黒子君!紹介してくれ。

純黒子さん

はい!仙人。以下がその方からの便りです。

※私は香料アレルギーを持っていて、突然顔がまっ赤ににふくれて 悩んでいました。佐々木先生のお言葉にアレルギーに関する数値が低下すると。ありますが、黒ニンニクを食べ続けてから そのアレルギーが出ていません。
◎アレルギーが出なくなった事の喜び
◎始めて食べたときの感想は、おいしいとは思いませんが、これなら続けて食べていけると思いました。
◎兄、姉たちが胃がんなので、何とかがんにならずに終われたら、と願っています。

運動による体質改善

運動による体質改善で代表的なものは水泳でしょう。

実際に花粉症が緩和した、気管支ぜんそくの症状が軽くなったという声が身近でも聞かれます。

他にも体質改善ストレッチやヨガなどネット上には様々な情報があります。

おそらくどれもすべてある程度効果があると思いますが、重要なのは継続力です。3日坊主では絶対に体質改善はできません

これらの運動の特徴は激しい運動ではなく体を柔らかくする軽い運動が多いということです。長時間である必要はありません。「1日1ポーズ、たった2分!」という簡単ストレッチも紹介されていますから自分に合った運動を見つけるのがいいでしょう。

それにネットで探せばお金もかかりません!

まとめ

いかがでしたか?アレルギーは治せないとあきらめていませんか?あきらめたらそこで終わりです。アレルギー体質は運動や食事で改善できます!
とりあえず純黒にんにくを毎日食べるということが一番簡単にできます。あなたのできることからはじめてください。


カテゴリー:アレルギー
タグ:アレルギー,レビュー,体質改善,岡崎屋,純黒にんにく

アバター

せんにんにく